納骨堂許認可のための行政書士試験合格 必勝法

納骨堂許認可のための行政書士合格 必勝法

納骨堂許認可のための行政書士になるには…

まず、行政書士となる資格を有しなければなりません。

納骨堂許認可のための行政書士となる資格を有する者とは、

です。(納骨堂許認可のための行政書士法第2条より)

ただし、
「納骨堂許認可のための行政書士となる資格を有する者が、行政書士となるには、行政書士名簿に、住所、氏名、生年月日、事務所の所在地その他、行政書士会連合会の会則で定める事項の登録を受けなければならない。」(行政書士法第6条第1項より)とあるように、行政書士となる資格を有するだけでは、他人の依頼を受け報酬を得て業務を行うことはできません。開業するには、その前に、必ず「登録」を行う必要があるのです。

また、「登録」を申請しても、

と行政書士会連合会に該当すると判断された場合には、「登録の拒否」をされる場合があります。(行政書士法第6条第2項より)

つまり、試験に合格した場合でも、行政書士となる資格を有するだけのことで、納骨堂許認可のための行政書士として、他人の依頼を受け報酬を得て業務を行うことはできないと言うことです。